オンラインショッピング

普段、ほとんどネットで買い物をすることはないのですが、たま~にどうしても買いたいけど近くでは売ってないというものを買うことがあります。そうやって買ったり、ネットで買うものを探していたりすると、見たサイトの広告バーナーとかが表示されるようになって、特に自分から探していないときでもその情報を見て、つい欲しくなってきたりすることがあります。

どういうシステムかわかりませんが、過去の買い物データや閲覧履歴から、ちゃんとこちらが興味ありそうな商品を紹介してくるので、つい誘惑されそうになります。なんだかネットでの買い物はリアルな感覚が薄れがちで、日常の買い物ではもったいないなぁと思って買うのを踏みとどめるものでも、なんだか欲しいなぁという気持ちが強くなってしまうことがあります。

荻原綾さんがおっしゃっていましたが、ネットのページはうまく作ってありますから、今がお買い得!とか、残り○個だけ!とか、焦燥感を煽られるからかもしれません。買いすぎに注意しつつ、便利に使いたいなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、日本のサービス経済化は進んでおり、モノだけの販売だけではなく、質の高いサービスを提供して、付加…
  2. 1.トルマリンの効能、パワーストーンとしての意味2.トルマリンの歴史1.トルマリンの効能、パワースト…
  3. 転職をするならば、まず情報収集にインターネットを使うことが多いのではないでしょうか。転職に関する情報…
ページ上部へ戻る