保健科学研究所のおかげで健康が守られている

健康診断や診察のために、病院で血液や尿を採ることもあるでしょう。採取された血液や尿を調べることで病気の進行や健康状態を知ることができます。内臓の数値や糖尿などが分かるのは採血や検尿の検査があるおかげです。検査のために採取されたこの血液や尿などは、採取された病院で検査を行っているのではなく、外部へ委託をしています。そして、この検査を受けているのが保健科学研究所なのです。こちらの企業では、病院からの委託を受けて検査施設内で臨床検査を行っています。病院から受け取った患者さんの検体にとって最も大切なことは精度管理です。

検査を行う際、管理がしっかり行われていないと正確な数値を調べることができません。このため、保健科学研究所はきちんとした管理を行い、正しい結果がでるように検査を行っています。確かな検体検査のために、保健科学研究所は検体の保管や検査だけではなく、検体を受け取って搬送するところから細心の注意を払っています。国民医療としての責任を全うするため、品質マネジメントをシステム化しています。管理・検査業務のためにPDCAを確立し、常に高いサービスを提供しているのです。このマネジメントシステムが正常に機能しているか、再構築の必要性などを把握するため、外部機関へ監査の依頼を行っています。このように内部だけではなく、外部からの視点も採り入れることで常に業務への向上を図っているのです。

PDCAのDOにあたる臨床検査を行う人材について、品質向上に欠かせないものとして、保健科学研究所は社員教育にも力を入れています。人々の健康サポートのためには専門的な技術を取得している人材確保のために必要なカリキュラムが社内研修で組まれています。その中には営業スキルをあげることのできる項目も含まれています。なぜ臨床検査で活躍する企業に営業枠が必要になるかといえば、国民医療として、特定のエリアだけではなく、全国どの地域からの検査依頼も受けられることが必要だからです。すでにネットワークを広く有しているため、これまでにも地域医療を進めることができた保健科学研究所では、人々の健康を守るための確かな企業として、さまざまな学びをすることも可能としています。このような学びを経た優秀なスタッフによって保健科学研究所は信頼できる企業として存在しているところとなります。何気なく行っていた健康診断などの背景にはこのような企業の真摯な取り組みがあるのです。

保健科学研究所
http://www.hkk.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 町田市 リフォームで評判の企業が、株式会社ベストコンストラクションです。こちらの企業の強みは、徹底し…
  2. 私鉄の運転士として働く松岡哲也氏は、中部地方における私鉄の列車を運転するのが仕事です。子供の頃から鉄…
  3. 沢山の人から慕われている村瀬孝司ですが、彼は現在コンピュータ関連の仕事をしています。というのは、人々…

アーカイブ

ページ上部へ戻る